カラコンを付けるだけで印象が変わる?!【着画を参考にチョイス】

着画を参考にすれば選びやすい!「カラコンの種類と選び方」

ロゴ

どんな種類があるのか

カラコンといっても、様々な種類があるため初めて購入する人はどんな種類があるのか事前に調べてみましょう。

カラコンの種類

  • 度付きカラコン
  • 度なしカラコン
  • イベント用カラコン

カラコンを付けるだけで印象が変わる?!【着画を参考にチョイス】

カラコン

カラコンの種類

カラコンには、様々な種類の物があります。例えば
・目は悪くないけど瞳の色を変えるためにつけたいという人が着けられる度なしカラコン
・目が悪いため人でもつけられるように作られた度ありカラコン
・ハロウィンなどのイベントで人気のあるイベント用カラコン
などがあります。そのため、どういった目的で使うかによって選び方が異なります。
お洒落のために使うのであれば、イベント用ででは度なしか度ありのカラコンなどを選んだ方が良いでしょう。また、カラコンの種類によって色やサイズなどが変わるため自分の瞳の大きさ、イメージする大きさに合わせて選ぶ事も大切です。

着画を参考に選ぶ

どのぐらい瞳の色が変わるのか、どのぐらい大きくなるのか見てから買いたいという人は購入を検討しているカラコンの着画を参考にしてみましょう。カラコンをつけた時と、つけていない時の瞳の変化を見ることができるため変わり具合が気になる・・・という人は選びやすくなります。また、カラコンの大きさによって瞳の大きさも変化するため、カラコンを着けて瞳を大きくしたいという人は、サイズ別の着画を参考にしてみるといいでしょう。着画を参考にするこれば、自分のイメージに近いカラコンがどれなのか確認することができるかもしれません。

レンズに含まれる含水率で合う人合わない人が変わる

カラコンを選ぶとき、色やサイズで選ぶ人もいますがその他にも含水率を調べておきましょう。含水率によって、着用中のメリットデメリットが異なります。低含水率のコンタクトは、目が感想しにくいタイプと言われているためドライアイの人や涙の量が少ない人には最適でしょう。しかし酸素透過率が比較的低いタイプのため角膜が酸素不足になってしまう可能性があります。

製法が違うとメリットデメリットも違う

キャストモールド製法のコンタクトレンズは、レンズ素材自体にコーティングされた色素がついているため比較的つけ心地が良いと言われています。また、レンズが薄いため酸素の透過性も良いというメリットがあります。しかしレンズが薄いという事は、その分他のカラコンに比べて破損しやすいタイプでもあります。
キャストモールド製法以外にも、サンドイッチ製法という方法で作られたカラコンもあります。着色料をレンズ素材で挟んで作っているため直接目に着色料が触れにくいと言われています。そのため、安全面は高いカラコンと言えるでしょう。しかし、サンドイッチ製法で作られているため、キャストモールド製法で作られたカラコンより厚みがあり硬いというデメリットも存在します。このように、製法によってカラコンの着け心地やメリットデメリットが異なるため、購入するときはどんなメリット・デメリットがあるのか調べてから選ぶようにしましょう。女子力を高めるため、カラコンを使って容姿の印象を変えようとしている人は、自分に合ったカラコンを選ぶ事も大切と言えます。

カラコンを使って魅力的に見せるために抑えておきたいポイント

着色サイズを確認する

カラコンは、着色直径と呼ばれるサイズがあります。このサイズが瞳を魅力的に見せることができるかどうかの大切な決め手になると言われています。そのため魅力的な自分になるため、カラコンの使用を考えている人は着色直径を調べておいた方が安心です。

まぶたの筋肉を鍛える

黒目の大きさは、赤ちゃんから大人までほとんどの人が一緒と言われています。しかし、年齢を重ねるうちに、瞼の筋力が落ち下がってしまうため、黒目の大きさが小さく見えてしまうのです。そのため、黒目を大きく見せるためには瞼の筋力を鍛えておく事も大切です。

少しだけ大きなサイズを選ぶ

ナチュラル美人を目指してたい!という人は、黒目より少しだけサイズの大きなカラコンを選んでみましょう。瞳が美しく見える比率は白目1:黒目2:白目1と言われています。そのためサイズを選ぶときは、黄金比をイメージしてみましょう。

カラコンとばれたくない人は黒目と同じ大きさを選ぶ

カラコンを使う事で、瞳の色を自由に変えることができます。そのためカラコンを使っているが裸眼に見せたいという人は、黒目と同じぐらいのサイズを選んでみましょう。グラデーションになっているカラコンも、裸眼のような印象を与えることができると言われています。

しっかり情報を集めてから購入する

カラコンには、様々な種類があるためコスパを重視して購入する人も少なくありません。しかし綺麗になりたい・女子力の高い女性になりたいという理由で購入するならコスパだけを見ず様々な情報を集めてから選び購入しましょう。

広告募集中